よしりんの食べある記

アクセスカウンタ

zoom RSS 切手の博物館

<<   作成日時 : 2008/09/11 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 20

画像
目白の椿坂を散歩中、コバルトブルーの泉に遭遇した。


画像
さーやこと、黒田清子さん(元・紀宮様)がお住まいの瀟洒なマンションが目と鼻の先。
目白にある、切手の博物館に入った。


画像
こっち、こっち。


画像
竹を植えた中庭が木陰を作る。


画像
陳久泉作の「山水泉之頌(しょう)」というツクバイが入口そばに置かれていた。
奥深い山で泉がこんこんと湧き出ている様を表しているという。


画像
中へ入ると、赤いポストのお出迎え。


画像
大好きな薔薇の切手にうっとり。


画像
これは何でしょう?


画像
沢山の古切手で作られた絵だった。


画像
以前に自分も切手を集めていたことを思い出した。
これは私のコレクションの一部。


画像
若い頃に秘書をしていたので、毎日、世界中の支社や全国から届いた手紙を開封していた。
封筒に貼ってある切手を眺めては、遠い国や行ったことのない土地に思いを馳せた。


画像
英国の切手が好きだった。
切手にはその国の文化が如実に表れていて、興味が尽きない。
そういえば最近、こんこんと湧き出る様な想いを込めて、手紙を書いてないなあ。
キーボードを叩いてばかりで、辞書をひかなきゃ字も書けなくなっている。
誰かに手紙でも、書いてみようかしらん。

切手の博物館

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
物語切手@
すでに何度か書いてますが、私は郵便とか郵便局とか郵便グッズが好き。 中でも切手は大好きです。 で、本が好きで、中でも物語やファンタジーが大好きなんですねー。 ...続きを見る
ここから
2008/09/11 00:59
切手よりドリンク収穫。
池袋での切手祭り。今回は同時に、目白切手博物館、要町のとあるビル内でも切手の催し物ありだが、年に一度の池袋へきてみたが。楽しみにしていたとはいえ、入場料500円はきつい。行ってみたが、相変わらずむさい。海外のスタンプを押してくれたり、タイと協力していたり... ...続きを見る
table+
2008/09/11 19:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃー!
よしりんさんも切手お好きなんですか?
私もなんですーー!
この故ダイアナ妃の切手も、以前自分のブログでもUPしたことあります〜。
(もしTBが上手くいくようでしたら送らせて頂きますね。千疋屋の記事、なかなかTB送信できなくて・・・。)

でも、切手博物館なんてあったんですね。
知りませんでした。
切手といえば、逓信総合博物館だけかと思ってたー。
ちなみに、しのちゃん(うちの方の、です)も切手フリークなんですよ!
lazyMiki
2008/09/11 00:57
最近は郵便物も減ったけど、FAXも激減ですね
ほとんどがメールになってしまった。メール、便利だけど時に人から会話を奪ってしまう。隣の席までもメールで連絡・・・なんだか変じゃない??
手紙、いいですね。心が伝わる気がします。文字を見ればどんな気持ちで書かれたのか・・・なんとなく想像できたり。でもホント書かなくなりましたね〜
よしりん、お手紙待ってます(^^)v
にいやん
2008/09/11 01:08
よしりん、おはようございます♪

いいところですねぇ〜切手博物館^^
古切手のモザイク、すごいです!

こちらのしのも、その昔、切手コレクションをしていたことがあります^^
しの
2008/09/11 07:09
切手の博物館ってはじめて知りました。
なかなかオシャレな博物館なんですね。
子供の頃切手集めをして見知らぬ国へ想いをはせていましたが今は記念切手が出れば買っておくという程度です。
タイルのモザイク画かと思いました。
ミニミニ放送局
2008/09/11 14:15
確か仕事の拠点が目白界隈になったのですよね。
どこにいってもよしりんさんは素敵な場所を探せそう。 今はめったに手紙のやりとはありませんが、素敵な切手を貼ったお手紙をいただくとそれだけでうれしいものですね。
よしりんさんのお手紙に貼られていた牡丹に蝶の切手、大切にとってあります。
遠い国に思いを馳せながらの切手コレクション。よしりんさんらしいなあ。 そんな気がします。
ぽん
2008/09/11 17:47
切手の博物館、面白そう!
古切手で作った貼り絵は根気のいる仕事ですね。
私は切手収集はしていなかったけど兄がしていた気がします。
母はその昔、記念切手が出る度に兄と私の分だと2シートずつ買ってコレクションにしていたようですが、どうなっているかしら?
若い頃の通信手段は電話か手紙しかなくて、私も手紙をせっせと書いていた時期がありました。
今や手紙を書くことも殆どなくて、いざ書こうと思うと構えてしまい筆が進みません^^;
挙げ句の果てにはパソコンで下書きしたりして…。
相手のことを想いながら、便箋につらつらとしたためていく過程を楽しめるような心のゆとりが欲しいものです。
しずこ
2008/09/11 22:03
♪Mikiさん

類は友を呼ぶってほんとですね。
Mikiさんも、切手、しかも英国切手がお好きでしたか〜。ロイヤル・スタンプのアルバムを眺めては、なんて美しいのだろうと、思っていました。
イギリスの切手も素敵ですが、日本のも素晴らしいですよね。9月1日に発売された「旅の風景」シリーズは、もうご覧になられましたか?第1集は「京都 嵐山〜嵯峨野」ですね。いいですよ!
TBありがとう。

よしりん
2008/09/12 00:08
♪にいやん

目の前にいるのに、メールで電話の伝言とか、なんだか変ですよね?同じ部屋にいる上司がメールで仕事についての注意を促してきたので、どうして面と向かって言ってくれないのかなと思ったことがあります。そんな勇気がないのかしらん。こっちも負けてはいませんからね(笑)メールで「以後、気をつけます。ご指導、ありがとうございました」と打っておいて、心の中では舌を出していました。メールだと、そのあたりのニュアンスが伝わりませんね。
にいやんを泣かせるお手紙、書きたいなあ。
よしりん
2008/09/12 00:13
私も若かりし頃、切手収集をしてたのを思い出しました。
いや〜、懐かしいなぁ(^-^)
といっても、よしりんさんほどじゃないですけどね(^^;)

それにしてもコバルトブルーの泉は、メッチャキレイですね☆
うえっち
2008/09/12 00:14
♪しのちゃん

こちらのしのちゃんも切手収集されていましたか!
Mikiさんのところのしのちゃんと、今度ご対面してほしいです。同じお顔だったら、どうしますか?
古切手の絵は小学生が90人がかりで作成したそうです。見事な作品でした。
よしりん
2008/09/12 00:15
♪ミニミニさん

ああ、ミニミニさんも切手の収集をされていたのですね。私も最近はもっぱら、記念切手が出れば買っておくぐらいです。でも、美しい切手が多いですね。日本に生まれてよかったです♪
よしりん
2008/09/12 00:17
♪ぽんさん

仕事は以前と変わらず渋谷界隈なのですが、お稽古事で毎週目白通いです。あのあたり、なかなか興味をひくお店やギャラリー、建物や庭園が目白押しなのです。何せ、目白ですから!
牡丹に蝶の切手、大切にとってくださっているそうで、嬉しいです。私はいつもお手紙を出すとき、相手の方を思いながら切手を選ぶのが好きです。
ぽんさんに今度はどんな切手でお便りを出そうかしら。楽しみにお待ちください。
よしりん
2008/09/12 00:22
♪しずこさん

お兄さんが切手収集をされていたそうですね。私の場合は、やはり若い頃、秘書していた母が収集していたので、その延長線で自分も始めました。
相手のことを想いながら、便箋につらつらと想いをしたためていく過程を楽しむ。いいですね。そういう濃厚な時間と機会は大切にしたいものです。


よしりん
2008/09/12 00:27
♪うえっちさん

え〜っ!うえっちさんも切手集めをしていましたか。奇遇ですね。私のはいい加減です。凝る人はピンセットで指紋がつかないようにきれいに収集していました。ずぼらな私にはそんなこと無理でした(笑)
ツクバイの泉の色があまりにも色鮮やかなので、不思議でした。この泉の如く、きれいな水が溢れ続ける毎日を送りたいものですが、時々晴れたり、曇ったり、土石流が流れてきたり。でもそれを楽しむ方向で、日々頑張りたいなあ。
よしりん
2008/09/12 00:32
モザイク画、面白いですね♪
私も子供の頃、切手を集めていましたよ。
今、何処にあるのだろう???
昔の方がしゃれたデザインの切手がいっぱいあったような気がします。
Kuma
2008/09/12 21:21
♪Kumaさん
モザイク画、面白いでしょKumaさんも子供の頃、切手集めをしていましたか。一番のお気に入りはどんな切手だったのかしら?今度教えてね。
よしりん
2008/09/12 22:54
<コバルトブルーの泉に遭遇した。
>こんな美しい水を どんな風にして創り出
 しているんだろう。
こんな透きとおった水の色は器とのハーモニー
に違いありません。 そんな色の伴侶がいる事
の幸せを あらためて感じました♪
ログの大好きな徳さん
2008/09/13 01:20
昔話シリーズの切手(かぐや姫、一寸法師、花咲じじい・・・)は、お気に入りでした♪
Kuma
2008/09/13 15:55
♪徳さん

水と器のハーモニーが徳さんにも届いたみたいで嬉しいです。
徳さんのログハウスにも、きっとこの泉のような、明るいハーモニーが溢れているのでしょうね。
ご夫婦で協力し合っての毎日の作業、お疲れさまです。
よしりん
2008/09/13 21:22
♪Kumaさん

昔話シリーズでしたか。
市原悦子の声を思い出しました。
「一寸法師」に一瞬ぎくっとしたのは、私だけ?
同級生がそんな名の暴走族で頭を張ってたので(汗)

「かぐや姫」もうすぐ十五夜。月に帰るのかな?
夢のある切手シリーズでしたね。

よしりん
2008/09/13 21:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽天ウェブサービスセンター
切手の博物館 よしりんの食べある記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる