よしりんの食べある記

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅色の直指庵

<<   作成日時 : 2009/12/16 23:06   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 32

画像
自然は 夢と同じもので できている。


画像
京の達人のご案内で、北嵯峨の直指庵(じきしあん)を訪れた。


画像
山門を入れば、早くも散紅葉の世界だった。


画像
世の中に紅い国というのがあるのなら、こんな所なのかも知れない。


画像
竹林に囲まれた草庵風の寺は

画像
静寂を極めていた。


画像
よう、おまいり。


画像
雨上がりの夢の国へ、ようこそ!


画像
さまざまな色、さまざまな形が、きらきらとしていた。


画像
長閑な嵯峨野の野辺の向こうに、こんな世界があったとは、一体誰が信じようか。



画像
庵内の修練道場に向かった。
(特別公開:11月15日〜12月7日まで)
ここを訪れた人が綴った、昭和40年からの「想い出草」ノートの頁を開く。


画像
悩みのない人間など、いない。
どこかほっとする場所につながっている庭を、道場から眺めた。


画像
いつしか、静けさに支配された紅い国を去る時が来る。
もう一度振り返ると、住人たちが一斉に手を振ってくれた。

(撮影12月5日)

直指庵
京都府京都市右京区北嵯峨北ノ段町3
電話:075-871-1880
拝観:9:00〜17:00
料金:500円

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
満天星、光る≪嵯峨野・宝筐院≫
もうすぐクリスマスですが、まだしばらく秋(しかも、紅葉ごくごく初期の・・・)の京都の話を続けてさせて下さいませ。ううう・・・(T_T) ...続きを見る
ここから≪続・・旅編≫
2009/12/20 12:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時

こんばんわ
朝は大雨でほんとこの日はどうなるかと
思いましたが。
バスに乗って洛西方面へ行けば奇跡的に
上がりましたね^^
艶のいい散り紅葉を案内できてよかったです。

達人じゃないですが
2009/12/16 23:56
♪京都の達人さん

その節はお世話になりました。
雨女の私なのですが、この日は奇跡的に晴れ間が広がり、びっくりです。
東より西。目指した場所がよかったのでしょうね。
素晴らしい美の世界が北嵯峨にありました。ありがとうございました。
よしりん
2009/12/17 07:22
なんと鮮やかな散り紅葉でしょう、まさに夢の世界のようですね。
直指庵は嵯峨野でも少し奥まったところにありますから、静かに散り紅葉も楽しめたのでしょうか。
誰も踏みしめていないような紅葉の上は、そっと淑やかに歩くでしょうね。
しなこじ
2009/12/17 07:38
自然に籠り 坐り続けていると 磨かれていくものでしょうか。
この景色を創りあげようとした粋な心がなせる技?
そんな単純なものでは なさそうですね。
ログの大好きな徳さん
2009/12/17 11:30
すごぉ〜い!!
見事に紅葉の絨毯で紅く染まってますね!!
以前、高雄の方へ行ったときもこんな感じだったのを思い出しました。
京都の紅葉も堪能されてきましたね。
y-merry3
2009/12/17 12:25
ご無沙汰していました(^^ゞ

よしりんさんの記事、時間をかけてゆっくり拝見していました。
一つ一つの記事がまるで短編小説のようですね…ってこれは前にも書きましたっけ(^^ゞ
紅い紅い散紅葉の世界、シンとした美しい世界ですね。
胸に染み入るような色彩と穏やかな時間。
まさに夢のような美しさですね〜、感動!
すうすう
2009/12/17 19:31
こんばんは〜♪よしりんさん
なんと直指庵ですか。
しかも私はその翌日に行きましたよ。ニアミスですね。
素敵な空間でしたよね。いい時に行かれましたよ。
私のお気に入りの場所なのですが、
やはりこの時期が一番好きです。
素敵な京都の旅だったようですね。
たーや
2009/12/17 20:52
直指庵 このあたりは嵐山の中でもまだ農家が残っていて 私の高校時代とそんなに変わっていません。
行かれた日 多分 just in time だったようですね。
落ち葉とまだ頑張ってる紅葉のバランスがとても良いですね。
考えてみると 高校時代 この近くの学校に通ってたのですから 何と贅沢なことでしょう。
今でも時々 農家で無人店舗やってるとき有りますよ。
トシ
2009/12/17 22:07
直指庵の紅色、心に染み入る写真です!
よしりんさんの写真は、どれも、心につながる窓が開かれているようで、見ず知らずの私まで、歓迎してくださっている、そんな感じがします。

京都の紅葉、今年も見損ねました。
その昔、嵯峨野の近くの学校へ教育実習に行ったことがあります。当時は、まだ、田んぼもたくさん残っていて嵯峨野の空は広かったです。
きり
2009/12/17 23:07
おーっ、どこかで見た景色だと思ったら、よしりんさんも直指庵に行ったんですね!
それも一日違いで(^^;)
同じ場所でも、俺がアップしてる写真とはやっぱり目線が違いますね。
直指庵の散り紅葉はホントに見事で、ここにいた時間が一番長かったです。
うえっち
2009/12/18 01:01
ひたすら赤いですね!

こんなに赤いなんてすごいですね。
お写真だけでもびっくりしていますが、その赤さを目の当たりになさった感動は一入だと思います。
よしりんのおかげで、行ったこともない、見たこともない素晴らしい場所へワープ出来て、いつも感動しています。

それにしても、何人かの方が、こちらへ行かれたのこと。
お仲間同士のご縁を感じました。
しの
2009/12/18 09:17
うわ〜!!何て素晴らしい紅葉でしょう〜!!
いいものを見せていただきました、ありがとうございます<m(__)m>。
自然の美しい光景に接すると、自分の来し方行く末に思いをはせたり、何故か涙が出たりしますね。
うさみ
2009/12/18 18:30
♪しなこじさん

散紅葉の世界は静寂そのものでした。
紅葉を踏まないように、石が境内に敷かれていて、その上をそっと歩きました。朝の雨によってか、敷石も紅葉もしっとりといい感じに染まっていました。
よしりん
2009/12/18 23:05
♪徳さん

徳さんのログハウスも、自然に囲まれた環境で、だいぶ磨かれているのでしょうね。
よしりん
2009/12/18 23:06
♪y-merry3さん

高雄もこんな感じなのですか。
それは行ってみたいですね。
私は真夏にしか行ったことがないです。
よしりん
2009/12/18 23:08
♪すうすうさん

お久しぶりです。
PCの調子はいかがですか?
寒くなってきたので、お身体もご自愛くださいね。

こちらの散紅葉は、心から感動しました。
よしりん
2009/12/18 23:10
♪たーやさん

翌日はよく晴れたのでは?
私は雨上がりでしたので、しっとりとした静寂に庵が包まれていました。
たーやさんのお写真、見てみたいなあ。
後ほどお邪魔しますね。
よしりん
2009/12/18 23:11
♪トシさん

農家の無人店舗、ありましたよ。
嵯峨野のあたりの高校に通われた3年間、本当に贅沢な環境でしたね。
色彩感覚も磨かれたのでは?!
よしりん
2009/12/18 23:15
♪きりさん

嵯峨野は静かで美しい所でした。
嵐山辺りは大勢の人で溢れているのに、ちょっと奥まった直指庵あたりは、ほとんど人がいませんでした。
どうしてなのでしょう?こんなに紅葉がきれいなのに・・。不思議です。
きりさんはいつでも京都に帰れるから、来年また、京の紅葉を楽しみに。お正月は里帰り?除夜の鐘はやはり京都でしょうか?
よしりん
2009/12/18 23:21
♪うえっちさん

あれ?うえっちさんも、一日違いで直指庵へ?!
それは奇遇ですね。ブログ仲間のたーやさんもやはりに一日違いで行かれたそうです。
ニアミスでした〜。
もうアップされているのですか。後ほどお邪魔します。
それも(^^;)
よしりん
2009/12/18 23:24
♪しのちゃん

赤は大好きな色なので、ここにいる間中、夢見心地でした。
ご一緒にワープしましょう。
目を閉じれば、すぐですよ。
今夜の夢でお会いしましょう。
よしりん
2009/12/18 23:26
♪うさみさん

泣きそうでした。
景色を見て、感動ってありますね。
言葉でうまく表現できないのですが・・。
私の受けた感動がうさみさんに伝わっているのだとしたら、本当に嬉しいです。
よしりん
2009/12/18 23:28
本来なら燃え立つ炎のような赤が、この世ならぬ静けさで存在していることに驚きました。余りに美しくて、いつかゆく世界がこんなだったらと、ふと思ってしまいました。京にはこんなに静かで、素晴らしい所があるのですね。お写真はどれも素晴らしくて、いつの日か訪ねてみたくなりました。京に行くなら秋かしら?
chisa_pie
2009/12/19 13:54
これぞ京都!
私も毎年どこかしらの紅葉に感動していますがこんなに美しい情景は初めてです。
何度か足を運んだ京都でもなかなか出合えない光景〜お見事です!!
やっぱり京都なんだなぁって改めて感心しました♪
はっしい
2009/12/19 14:22
♪chisa_pieさん

京都はいつの季節に行っても、尽きない魅力に満ちていますが、晩秋の古都もおすすめです。紅葉真っ盛りの時のような芋洗い式の大混雑を避けて、静かに紅葉を愛でることができます。場所によってはとても静かです。
よしりん
2009/12/20 08:20
♪はっしいさん

山門を入った瞬間から、別世界にワープしました。
この世の光景とは、俄かには信じ難かったです。
やっぱり、京都はいいですね♪
よしりん
2009/12/20 08:22
この世とは思えないような紅い国の風景に感動しました。
雨上がりのしっとり感が紅い色をさらに色濃くしてくれているようですね。
私も夢の国へ行った気分になりました。
しずこ
2009/12/21 00:22
数日分のよしりんさんの記事を見て読んで、頭の中が紅葉に染められた感じがします。見事な写真ですね。
今年黄色の世界は何度も見ましたが赤い世界は見なかったなあ。
直指庵のノート!昔私も書きましたよ〜 友人と嵯峨野めぐりをした時。 
↓湯豆腐って専門のお店でいただくと違うんですよね〜何かが。
ぽん
2009/12/22 08:53
♪しずこさん

夢のような場所って、この世にあるのですね。
私も自分の目の前の光景が信じられず、何度もまばたきしました。
夢じゃなかったです。
よしりん
2009/12/22 20:14
♪ぽんさん

このところの記事を読んでくださり、温かいコメントまで頂いて、本当にありがとうございました。
ぽんさんのノートの文字、見たかったなあ。
何を書かれたのか、覚えていらっしゃいますか?
いつか、見つけられるといいですね。
京都の湯豆腐はとてもおいしかったです。
よしりん
2009/12/22 20:17
よしりんさん、こんにちは。
それぞれの場所で、紅葉、黄葉がそれぞれの雰囲気を醸し出していますね。何かが違う。不思議ですね。何度見ても、ほっとします。
写楽
2009/12/26 18:02
♪写楽さん

何度も見てくださり、ありがとうございました。
嬉しいです。
よしりん
2009/12/27 09:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽天ウェブサービスセンター
紅色の直指庵 よしりんの食べある記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる