東博 秋の庭園開放

秋の下に心と書いて 「愁」と読ませる。 最初にこの字を考えたのは、一体、誰なんだろう? 上野の空は晴れていた。 東京国立博物館では、本館北側の庭園を春と秋に公開している。 博物館の敷地は、元寛永寺の境内だった。 池を中心に5棟の茶室があり、四季折々の花や紅葉が楽しめる。 5代…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

椿山荘の紅葉

秋深し。 明治の政治家・山縣有朋の庭、東京目白にある椿山荘を歩いた。 目白台地の傾斜を利用した名園へと入ってゆく。 秋山の 樹の下隠り(このしたがくり) ゆく水の われこそ益(ま)さめ 御思(おもはす)よりは   鏡女王(かがみのおおきみ)  万葉集より 秋山の樹木の…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

代々木公園の紅葉

木枯らしの吹く昼休み、職場を飛び出し、近くの公園へ。 代々木の森の空はいつも高い。 バラ園の前を通り、 カサッカサッ。 落ち葉を踏みしめながら、森の中へと入ってゆく。 見上げれば、黄金色の葉が空を舞っていた。 大きな黒い手で、秋の葉を鷲掴み。 楓も梢で染まり出していた。 …
トラックバック:1
コメント:30

続きを読むread more

「虎屋菓寮」の栗あんみつ

トラトラトラ♪ 来年は寅年。 今年も残すところ、あと1か月ちょっとになった。 日比谷公園を散歩した帰りに、帝国ホテルへ寄ってみる。 館内は早くもクリスマスの飾りつけに。 秋のご婚礼たけなわの折、新郎新婦を何組も見かけた。 どうぞ末永く、おしあわせに・・・。 私もしあわせになるために、いそ…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

日比谷公園 秋の虹

東京にも、天から秋が降ってきた。 ボク、ちっちゃな秋を拾ったよ。 秋晴れの日比谷公園へ出掛けた。 第一花壇ではバラが咲き、 ハナミズキの林では 木陰にツワブキが咲き乱れていた。 鶴の噴水池の周りでは楓が色づき始め、 松本楼の隣りで、首かけ銀杏が辺り一面を黄金に染めてい…
トラックバック:3
コメント:30

続きを読むread more

六義園の紅葉

お前は精一杯、枝葉を広げて生きているか? この木のように。 あるがままの自然を目前に、自分に問いかける瞬間がある。 11月半ば、大名庭園の六義園(りくぎえん)を訪れた。 ただそこに在るだけで、輝く木があった。 紅葉したハゼノキが広い園内へと招き入れてくれる。 水分石(みずわけいし)のある滝見茶…
トラックバック:2
コメント:28

続きを読むread more

紅葉待機中の談山神社

「待機とは魔法にかけられたような状態のこと」 フランスの哲学者ロラン・バルトは、そう考えた。 秋本番を前に待機中の大和路は、どこまでも長閑だった。 10日前、奈良屈指の紅葉の名所・談山神社(たんざんじんじゃ)を訪れた。 紅葉は染まり始めだった。 境内は殊の外、広い。 初めての広大な土地の中で、…
トラックバック:1
コメント:24

続きを読むread more

「ルナールブルー」京都のフレンチ

「手ぶくろを買いに」という童話、ご存じですか? 姉小路通高倉東入ル南側「ルナールブルー」には、幸福の「青い狐」がいた。 今、最も京都で人気のフレンチといったら、ここ「ルナールブルー」。 店名はマダムの大好きな童話、新美南吉さんの「手ぶくろを買いに」からきている。 直訳すると、「青い狐」という意味だそうだ。 ブロ…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

長谷寺の秋

大和路・長谷寺の空は晴れ渡っていた。 三九九段の登廊(のぼりろう)を一歩一歩上がった。 断崖絶壁に建つ本堂からは、染まり初めの樹木が見えた。 境内の木々が秋の色をまとい始める時 結界は輝きを増す。 クレマチスもその様子をじっと眺めていた。 昭和の名塔と呼ばれる五重塔の丹色が…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

「草喰 なかひがし」日本一の昼ご飯

京都にはいくつもの秋がある。 洛北の静かな枯秋、洛中の雅な錦秋、そして・・・ 「草喰 なかひがし」の食の秋。 「日本一の昼ご飯」を目指し、新幹線に飛び乗った。 11月の第1週、「哲学の道」は早くも紅く色づいていた。 名刹銀閣寺辺に店を構える「草喰(そうじき) なかひがし」さんに行った。 メンバーはMikiさん…
トラックバック:2
コメント:24

続きを読むread more

光悦寺の紅葉

今秋の京都は 私をどんな色に染め上げてくれるのだろうか? 市内で一番早く紅葉が始まるという、鷹ヶ峰の光悦寺を訪れた。 見頃には人でいっぱいになる参道も、今は静かだ。 受付のそばで、サザンカがお出迎え。 鐘楼前では早くもオレンジ色に色づく楓があった。 茶室・太古庵前の光悦垣に江戸の粋人・…
トラックバック:2
コメント:20

続きを読むread more

錦秋の古都 2009

恋してますか? 私は、恋してます。 錦秋の 古都に。 染まり始めた秋の京都、奈良を旅してきました。 (撮影11月7・8日) 古都を彩る紅葉の錦。朱も鮮やか 清水焼 抹茶碗 都錦(みやこにしき)清水焼と宇治茶の宇治茶園清水焼 抹茶碗 都錦(みやこにしき)雅昧ある生地に描かれた…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

飛鳥山公園で小さい秋

秋を探しに、北区の飛鳥山公園へ。 飛鳥山と言ったら、八代将軍吉宗の時代から、江戸の桜の名所だった。 今の季節は、花壇でベゴニアが花盛り。 公園北のケーブルカー到着地点近くで。 小さな秋を探して、のんびり歩きだした。 誰もいない旧渋沢庭園。 ここは、実業家・渋沢栄一が明治12年から亡…
トラックバック:1
コメント:22

続きを読むread more

キアズマ珈琲

鬼子母神に向かう途中、ケヤキ並木の参道で、新しいカフェを見つけた。 池袋から程近い雑司ヶ谷には、昔ながらの街並みが残っている。 鬼子母神の本堂は江戸時代初期の建立。 訪れた日は七五三の参拝客で賑っていた。 境内に立つ樹齢600年の銀杏が少し色づき始めていた。 威風堂々の大銀杏の周りをぐるりお稲荷さんの鳥…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

「皇室の名宝―日本美の華」展

噂には聞いていたが、これほどまでとは! この秋、一押しの展覧会と言っていいだろう。 東博のシンボル、樹齢120年のユリノキもびっくり。 天皇陛下御即位20年を記念し、今、上野の東京国立博物館平成館で特別展が開催されている。 「皇室の名宝―日本美の華」展。 皇室ゆかりの名宝は、私たち国民の宝でもあ…
トラックバック:1
コメント:26

続きを読むread more

芝浦工大のアートなイス

デザイナー ロン・アラドのソファ「ヴィクトリア&アルバート」。 大きなリボンを広げたような形は、そこに座る人を温かく包み込む。 2000年の英国で、ヴィクトリア&アルバート美術館の展覧会用にデザインされた。 今年8月、豊洲にある芝浦工業大学のオープンキャンパスに出掛けた。 運河に囲まれた豊洲は、今、建設ラッシュだ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more