成城の苔庭 猪股庭園

画像
ここが本当に東京だろうか?
成城に行く度、気になるお邸があった。


画像
この生垣に囲まれた武家屋敷風の邸宅があるのは、東京でも指折りの高級住宅街、成城。


画像
その名も、「成城五丁目猪股庭園」。
故・猪股猛氏(元・労務行政研究所理事長)の邸宅として、1967年 に建てられた。


画像
「お邪魔しま~す」
無料で公開されていたので、中へ。


画像
恐らく別世界へ通じるであろう路地に、入って行った。


画像
「よ・う・こ・そ、こ・こ・へ」
織部灯籠が宇宙人みたいな佇まいで立っていた。


画像
飛び石伝いに奥へ進むと、茶室が現れる。
静けさが他を制していた。


画像
庭には、珍しい、腰の低い朝鮮灯籠。


画像
瓦を敷石代わりに使った園路。
猪股氏の奥様の実家が以前こちらに建っていた。
その建物の屋根瓦を再利用したそうだ。


画像
主屋の設計は、数寄屋建築を独自に近代化した吉田 五十八 (よしだ いそや)。
五十八といえば、この間全焼した大磯町の旧吉田茂邸など、数々の有名建築を手掛けている。
雨戸が閉まっている訳は、世田谷区による耐震診断の結果。
耐震性が十分でないため、当面は建物内への入場が休止中だった。


画像
ほうき垣の向こうに、静かな世界が広がっていた。


画像
杉苔の緑が、宝石の輝きに見えた。
誰もいない真夏の庭園で、その煌きに暫し見惚れた。


画像
松や楓の大木の間を抜け、苔、水路を配した園路を巡る日本庭園。
聴こえてくるのは、蝉の声ばかり・・・。
この門をくぐって、日常世界へと、また、戻ってきた。

(撮影8月11日)

成城五丁目猪股庭園
東京都世田谷区成城5-12-19 【地図】
電話:03-6407-3311(世田谷トラストまちづくり)
営業:10:00~12:00
休み:月・水・金・年末年始

"成城の苔庭 猪股庭園" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント