テーマ:カフェ

庭園美術館の「カフェ茶洒」

晩秋のとある日曜日 白金台の庭園美術館へ。 アール・デコ様式の朝香宮邸が、青空をバックに上品に佇んでいた。 友人のしのちゃんと、古伊万里を見に行った。 今年は、日本の磁器が初めてヨーロッパに輸出されてから、350年目に当たる。 展覧会を堪能した後は、美術館の庭を歩いた。 繊細な絵付けを施した柿右衛門の…
トラックバック:2
コメント:18

続きを読むread more

祇園OKU

祇園の奥に、シンプルな美の空間があった。 表通りの祇園は人々が行き交い、いつも賑やかだ。 ところが、花見小路を一筋西へ入れば、 静かな通りに、さりげなく佇む町家カフェがあった。 花背の奥、「美山荘」の主・中東久人さんによるプロデュース。 2006年開業の和カフェ「OKU」。 1階の奥には、美山…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

キアズマ珈琲

鬼子母神に向かう途中、ケヤキ並木の参道で、新しいカフェを見つけた。 池袋から程近い雑司ヶ谷には、昔ながらの街並みが残っている。 鬼子母神の本堂は江戸時代初期の建立。 訪れた日は七五三の参拝客で賑っていた。 境内に立つ樹齢600年の銀杏が少し色づき始めていた。 威風堂々の大銀杏の周りをぐるりお稲荷さんの鳥…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

「クラブハリエ」のバームクーヘン

焼きたてのバームクーヘン、いりませんか? 日本橋三越本店の新館地下2階に、それはある。 バームクーヘン界に革命を巻き起こした「クラブハリエ」。 その「B-studio Tokyo」が、ここだ。 工場と売り場とカフェが併設されている。 もともとは、滋賀の老舗和菓子屋「たねや」さんの洋菓子部門だった。 カ…
トラックバック:1
コメント:32

続きを読むread more

「クレマチスの丘」のティーハウス 

真夏にクレマチスの花が咲いているのだろうか? 1年中、花と芸術の咲き乱れる丘が、三島近郊にあるという。 ここは、静岡県長泉町のクレマチスの丘。 富士山麓の広大な敷地に、庭園・美術館・レストラン・ショップが点在している。 静岡の友人・ぴろさんに、車で連れてきていただいた。 <クレマチスガーデン・エリア>に…
トラックバック:1
コメント:28

続きを読むread more

「チャプチーノ」のパンケーキ

焼きたてのおいしいパンケーキが食べたかった。 赤い壁のオープンカフェを目指して、歩きに、歩いた。 あった~! 駒場から代々木上原まで迷いながら何十分、歩いたのだろうか? 夢にまで見た「チャプチーノ」のパンケーキ。 こちらのお店は、カップケーキも有名らしい。 「チャプチーノ」の社長がカップケーキの本場、…
トラックバック:1
コメント:26

続きを読むread more

「京はやしや」の茶カフェ

250年の伝統が都心の京町家空間で味わえるとしたら・・・。 やっぱり、吸い込まれるように入ってしまう。 創業は宝暦三年、京都老舗のお茶屋さん「京はやしや」の茶カフェ 東京ミッドタウン店に行った。 たらこ付きの京だし茶漬け(945円)は、ふっくら濃厚な旨みが決め手。 京風だしと京番茶の香りが食欲をそそる。…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

タールム富ヶ谷

散歩の途中で、ちょっと寄り道。 代々木公園駅から徒歩1分の所に、シーフードレストランを発見した。 公園の緑を眼下に、朝8時から明け方4時まで開店している「TARLUM 」(タールム)。 1階のラウンジは、待ち合わせやワンコの散歩の休憩に寄っている人の姿が見受けられた。(全席禁煙) この他に、2階には喫煙席のあるレ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

愛すべきアイス「マーベラスクリーム」

アイスクリーム好きの人、この指止まれ! 2009年4月28日にオープンしたばかりの「マーベラスクリーム 日比谷シャンテ店」に行った。 入口の外まで並んでいる、今、人気のスポット。 国内最高品質のミルクを使用した、高級プレミアムのアイスクリームはいかが? 28種類あるオリジナルクリームの中から好みのミキシン…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

夢風車通りの旧日下医院

ここは山口。 海沿いの、とある街角。 夢風車通りを歩いていると、 80年前に建てられた、アンティークな建物が見えてきた。 登録有形文化財の旧日下医院本館(きゅうくさかいいんほんかん)だ。 昔は医院だった。 現在は、レトロな建物を利用して、複合ショップとして生まれ変わっている。 正面玄関入ってすぐ右側…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

播磨屋ステーション京都

京都御苑の桃林を眺めていたら なんだか、桃色のあの看板の店が気になって、気になって 遂に、行ってしまった。 播磨屋ステーション京都店。 兵庫県に本店のある、有名なお煎餅屋さんだ。 店内は人で溢れていた。 お茶もコーヒーもジュースも無料。 播磨屋さんのおかきも、割れ煎だけれど、食べ放題…
トラックバック:2
コメント:22

続きを読むread more

「オーヴェスト」のティータイム

キラ星のようなケーキの誘惑に、負けた。 ここは池袋ホテルメトロポリタンの25階。 ダイニング&バー「オーヴェスト」 夜はクールでスタイリッシュな大人の社交場だ。 ところが、午後2時からはティータイムの喫茶として利用できる。 夢中でおしゃべり、夢中でケーキも頬張り、何気なく前を見ると・・・…
トラックバック:1
コメント:26

続きを読むread more

サロン・ド・テ ロンドの春色ケーキ

春の陽気に誘われて、芸術三昧の休日を過ごした。 心も身体も美と美の間をくるくる回って・・・。 ロンド♪ロンド♪ 美術館の円形(ロンド)カフェで、ひと休み。 Mikiさんの頼んだフランボワーズの春色ケーキ。(Mikiさん撮影) 私のケーキも春色だった。 ケーキセット(1,050円) 春を満喫…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

「ロートンヌ」のスイーツ

上質のスイーツは「一瞬のアート」。 東京・秋津の洋菓子店「ロートンヌ」の若きオーナー・パティシエ神田さんは言う。 先日、仲良しブロガーの食通Mikiさんから、五感で味わえる芸術品を戴いた。 「ロートンヌ」の半生菓子、焼き菓子たち。 真珠の首飾りをしたブタさんも、食べたそうに見ていた。 お菓子の香りはどこまでも甘く、見た…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

千駄ヶ谷のカフェ 「SHIZEN」

千駄ヶ谷界隈で、以前から気になっているカフェがあった。 CAFE & BAR の 「SHIZEN」(しぜん)。 1階は姉妹店の器のお店。 2階のカフェは黒い壁に覆われていた。 思い切って入ってみる。 笑門を通り、2階へと階段を上ってゆく。 鉄製のモダンな家具を配した空間で、なぜか焼き魚の匂いが…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

「トラヤカフェ」のお土産スウィーツ

「とらや」といえば、羊羹。 でも、「トラヤカフェ」には、今風のスウィーツが置いてある。 六本木ヒルズのけやき坂通りに、京都の老舗和菓子店「とらや」の提案するカフェがある。 今日は立春。 新しい季節の風に、越前水仙の花が激しく揺れて・・・。 春の香りが辺り一面に漂っていた。 六本木ヒルズのお土産…
トラックバック:2
コメント:22

続きを読むread more

天空の城 「マド ラウンジ」

ここは天空の城の図書館。 貴方には、マドから何が見えますか? 東京・六本木ヒルズ。 森タワー52階の東京シティービューへ。 見たこともない異空間への扉が開かれていた。 ミュージアムカフェ「マド ラウンジ」に初めて足を踏み入れる。 個性的でお洒落なインタリアが目を引いた。 陶器でできた…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

広尾の「カフェ パンセ」

恵比寿から広尾まで歩いた。 慶應幼稚舎を過ぎた頃から、脳が糖欠状態に。 思考能力がゼロになってきた。 広尾ガーデン1階の「カフェ パンセ」は、明治屋さんの系列カフェ。 カフェに併設して、森のような庭の見渡せるレストラン「シェ・モルチェ」もある。 いつか学生時代に来たことを思い出した。 今日はカフェの方で、明治…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

目白の和カフェ 花想容

目白の住宅街に、ほっこりできる和カフェ発見。 入口に小さな看板が出ていた。 庭へ向かう細い小路を抜けると、趣きのある和風の庭と日本家屋が現れる。 靴を脱いで家の中に入れば、庭を見渡せる寛ぎの空間が広がっていた。 建物は大正時代の建造という。 お茶とデザートのセットがあった。 何にしようかな? …
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

月島のケーキ屋 タン プル タン

月島に、お月様のようなカボチャプリンがあった。 長年、東京に住んでいながら一度も足を踏み入れたことのない、月島もんじゃストリート。 その一角に、有名なケーキ屋さんがあるという。 「タン プル タン」さん。 店名の意味は、アーモンドと砂糖の割合のことだそうだ。 遠路はるばる来るお客さんのお目当ては、これ。…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

カフェ ペパン

デミグラソースの海にどっぷり溺れてしまった。 目白通り沿いの「カフェ ペパン」にランチを食べに行った。 2階への階段を上がると 清潔感のある、すっきしたカフェ空間が広がっていた。 店長オススメの「あれ」ください。 まずは、ランチのセットに付いているスープの「ミネストローネ」。 持ってき…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

CAFE 杜のテラス

また、新しい一日が始まった。 秋晴れの朝。 明治神宮の空も青い。 時計に目をやる。 まだ出勤時間まで間があった。 ちょっと一杯、コーヒーでも飲んでいこう。 神宮南参道の入口にあるオープンカフェ「杜のテラス」が私を呼んでいた。 秋の空気が気持ちいい。 今日はカプチーノにした。 250円でゆとりの時…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

明日館のカフェ

日曜日の散歩道。 途中でお茶したくなったら、光溢れるカフェへ行こう。 目白駅から歩いて7分の自由学園明日館(みょうにちかん)。 モスグリーンのかわいい門をくぐった。 庭を少し歩く。 その後、館内を見て回った。 天井の高い自由な空間の中に身を置いていると、何だかゆったりした気分になってきた。 中央棟の…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

神楽坂 和遊

東京・神楽坂。 夜の石畳と 昼の石畳を にゃんこがじっと見つめていた。 そして、女たちが熱い眼差しで見つめるのは、こちらの石畳だった。 抹茶・杏・黄粉・栗・蓬蜂蜜・柚子の石畳ちーずけーき6種。 それぞれの素材の味がいかされて、美味だった。 ひと口サイズのケーキに飲み物がついて、1人前750円…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

森の中の「日比谷茶廊」

森の中の公園で、たまにはランチでもいかが? 東京・日比谷公園内にある「日比谷茶廊」は、創業1949年のオープンカフェ。 青空の下、テラス席での食事が心地よい季節になってきた。 人気No.1メニュー「タイメシガパオ」(990円) 木々の緑がほっと心を和ませる。 デザートは焼きたて『ロティチ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

フラワーカフェ 花よろず

目白駅から椿坂を下って行くと、花と緑のギャラリーがある。 フラワーカフェの「花よろず」椿坂店さん。 店先には緑の鉢植えが置かれ、優しい空間へと通りすがりの人々を誘う。 店内はガラス張りで明るい。 こちらのオーナーさんは八丈島のご出身。 島に自生する「明日葉」(あしたば)という、身体にいい成分の含…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

修道院カフェ アコリット

都会の喧騒を離れ、突如中世イタリアあたりの修道院に足を踏み入れた感じだった。 JR目白駅から小走りなら5秒。 駅を出て左手の階段を下るとすぐのところにある「カフェ アコリット」。 高い天井から照らす灯りは、どこか秘密めいて・・・。 カップはロイヤルコペンハーゲン、ウェッジウッド、リチャード・ジノリ等の素敵…
トラックバック:2
コメント:18

続きを読むread more

「精養軒茶房」で京都散策

東京駅周辺でほっとひと息できる場所。 休みの日、丸ビル5階にあるカフェ「精養軒茶房」に入った。 窓際の席をお願いします。 ずんずん奥に進む。 目の前に東京駅の赤レンガを見渡せる。 現在、復原修復工事中。 明治の偉大な建築家・辰野 金吾さんの設計した駅舎を修復しつつ、新たに地下を作り、耐震工事も同時に行…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

ブルーベルのアフタヌーンティー

“つりがね草”はスコットランドを代表する花。 その名を由来に持つティーサロンが、横浜・桜木町の駅前にある。 日本一の高層ビル、ランドマークタワーは港町横浜の青空にそびえ立つ。 その1階。 日本紅茶協会から「おいしい紅茶の店」と認定された、ティーサロン ブルーベル。 ここで、英国式アフタヌーンティーが楽しめる。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

渋谷の多国籍カフェ“meets”

グルジア・トルコ・インドネシア・ネパール・タイ・・・行ったことのない、エスニックな国々。 そんな未知の世界から集められてきたセレクト雑貨の並ぶ店が、ここ渋谷宇多川町にある。 ヴィンテージエスニックの装飾品や民具、小物の奥にふと目をやると 和風の食事もできるカフェ・スペースが存在した。 女性客が圧倒的に多い…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more