テーマ:グルメ

貴匠桜 MATTAKU

そろそろ寒うなってきたし、京都の湯豆腐でも、どおどす? 松原通の「貴匠桜 MATTAKU」 (キショウサクラ マッタク)さん。 京都の粋人に教えていただいた。 元醤油問屋だった町家が、和食レストランになっている。 立派な水屋の奥には 当時、使われていたおくどさんが、で~んと構えていた。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

これも神戸だ!「丸玉食堂」 

「王様の耳って、こんなに軟らかいのかなぁ」 神戸で「ロバ」を食べた。 ルミナリエの前に腹ごしらえ。 食に一家言ある関西の知人に、台湾料理の超有名店へ連れて行ってもらった。 「丸玉食堂」。 JR元町駅の高架下にあった。 この店にメニューはない。 入口のサンプルを覚えて、店の中へ。 「ロバ」(550円)とは、…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

山種の後に「ビストロ シロ」

あらら、ダビデさん。 寒空にそんなお姿で、どうしたのですか? お風邪など召されませんように・・・。 ここは、お洒落な街・広尾。 山種美術館が、九段からこの地に移転してきた。 記念すべき新美術館第1回目の展覧会は「速水御舟」展だった。 久々に見た傑作「名樹散椿」が、やはり良かった。 樹齢400年の…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

薬膳カレー じねんじょ

ズバリ、美肌にも身体にもよいカレーが、東京の下町にはある。 谷中といえば、お寺さんが多い町。 日暮里駅から歩いてすぐの経王寺(きょうおうじ)さんでは、四季折々に花木が楽しめる。 中でも、こちらの境内で見栄えのするのが、牡丹と盆栽風の藤だ。 10月半ばに訪れた時は、萩の花が咲いていた。 花を楽しんだ後は、…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

無尽蔵 しながわ家

「柿食えば、健康の鐘が鳴るなり、無尽蔵」 毎日、長蛇の列ができる越後秘蔵麺使用のらーめん屋さんに行った。 JR品川駅港南口から徒歩1分の「無尽蔵 しながわ家」さん。 人気の秘密は、柿のポリフェノールを練り込んだ麺にあり。 体にいいのはもちろんのこと、このツルツルした食感がたまりません。 麺と絡むスープ…
トラックバック:1
コメント:29

続きを読むread more

西荻の「ビストロ・サン・ル・スー 」

「一文無しのことなんですよ」 西荻窪のフレンチ「ビストロ・サン・ル・スー」のオーナーが明るく言った。 JR西荻窪駅南口から徒歩2分。 ビル2階のビストロは、クリームイエローの明るい店だった。 今回も、友人のしのちゃんに連れてきていただいた。 人気店らしく、予約してもらって大正解。 店内はすぐにお客でいっぱいとなった。…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

日本橋の「小割烹 おはし」

京のおばんざいは、どおどす? ここは、京都やあらへん。 お江戸日本橋どすえ。 「お坊さん、お坊さん。仏教はインドから。インド料理、食べませんか?」 男と男の間には、深くて暗い川があった。 「そやかて、和食がええなあ、やっぱり・・・」 「あかしまへんかあ」 「かんにんどすな」 日本橋…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

荻窪の「レストラン ハシモト」

「荻窪で一番おいしいと思うフレンチのお店に、これから向かいます」 食通の友人・しのちゃんが言った。 JR荻窪駅から徒歩数分の「レストラン ハシモト」さん。 「銀座レカン」で11年修業したシェフが、2004年から始めた。 南仏をイメージしているらしい店内は、清潔感に溢れていた。 ランチは、前菜・主菜などか…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

「伊豆栄 梅川亭」の限定ランチ

夏休みのある日、数か月ぶりに友人と会った。 博物館で展覧会を見た後、上野公園を歩く。 確かこの辺りに、割烹のお店があったはず・・・。 伊豆栄 梅川亭(いずえい うめがわてい)さん。 本店は不忍池のほとりに立つ、創業260年の鰻割烹の老舗。 その姉妹店がこちら、上野のお山の中にある。 ゆったりとした室内に掘りご…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

小笠原伯爵邸のランチ

今回は、『貴族のお屋敷』で庶民がランチを頂くの巻。 数年前から憧れの的だった、小笠原伯爵邸のランチに行ってみた。 このお屋敷は、小笠原長幹(ながよし)伯爵の本邸として、1927年に建てられた。 スパニッシュ様式の美しい洋館。 玄関の外ひさしは、豊饒のシンボルである葡萄棚がデザインされていた。 設計は曾根…
トラックバック:2
コメント:24

続きを読むread more

ブラッスリーオザミ 丸の内

最近、フレンチづいている。 雨の夜だった。 フランス人にもファンの多い、丸の内の「ブラッスリーオザミ」へと出掛けた。 「お客様、今、フランス産のホワイトアスパラが入っていますよ!」の一声に 前菜は、これでキマリ。 柔らかい白タイツの王子様に、とろ~り半熟卵をかけて・・・。 パンは自家製。 バターはフ…
トラックバック:3
コメント:22

続きを読むread more

月島のもんじゃ 錦

雨の月島。 向かうは、変わりもんじゃ発祥のお店「錦」。 夕方5時、開店と同時に店に突入する。 一番乗りだった。 超人気店なので、6時を過ぎれば、なかなか入れない。 月島で30年、磨きあげられた伝承の味とは? 人気第2位の「お!石狩」( 1,580円)。 テンコ盛りの野菜やコーン、焼きソバの上に大きな…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

魔法の料理屋 長瀞の「史」

史(ちか)のお母さん、また来てしまったよ。 埼玉県秩父の長瀞町に、おいしい和料理を食べさせてくれるお店がある。 和料理 「史」(ちか)。 春に引き続きこの秋も、紅葉狩りにかこつけて訪れた。 附き出しには、板さんの創意工夫が散りばめられている。 お刺身や魚介類は、板さんが秩父から築地まで買い出しに行ってい…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

山手十番館の「赤い靴」

♪赤い靴はいてた女の子 異人さんにつれられて行っちゃった ♪ ♪横浜の埠場から船に乗って 異人さんにつれられて行っちゃった♪ 横浜が開港したばかりの頃、海岸沿いには沢山の外国商館が建てられた。 それらの館は「一番館」「二番館」と呼ばれたそうだ。 外国人墓地前にある「山手十番館」は港町横濱を望む高台のカフェ&レストラン。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

上野の「ぺぺ・ル・モコ」

上野の美術館で絵を観た後、ちょっと食事ができるレストランを探していたら あった、ありました! 上野桜木のワインレストラン「ぺぺ・ル・モコ」。 仲良しブロガーのMikiさんと、一軒家の桃色の扉を開けた。 中には、ピンクの薔薇が活けてあるテーブルがあった。 階段を上がって、2階へ通される。 窓際の席に座り…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ピッツァ カルミネ

目白通り沿いに、真っ赤な扉のイタリアンを見つけた! シェフ・カルミネの提案する街のリストランテ 「ピッツァ カルミネ」。 店に入れば、本格窯焼きピッツァの焼ける、いい匂いがしてきた。 気取らずにいただけるランチコースのA(1,575円)をください。 まずは前菜の「サバのマリネ バルサミコ風味」。 もっち…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「古無門」で粉もんを食す

世田谷は桜新町の閑静な住宅街に、粋な店があるという。 古無門(こなもん)って、どんなもん? 門を潜れば、緑の雑木林の中に、ログハウスがあった。 お好み焼き、もんじゃ焼きなど、粉もんがいただけるレストランだった。 まずは、2,500円お手軽コースから。 有機野菜のサラダにゴマ豆腐。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

韓国料理ダイニング シオン

目白界隈を散策中、空腹でまた卒倒寸前。 足もフラフラ、お腹はペコペコ。 ハロウィンの幽霊と、間違えられたら大変だ。 どこかおいしい食事をさせてくれる所はないかしら? ありました!おいしそうな店が。 「韓国料理ダイニング シオン」。 正面のガラスに唐草模様が浮き上がり、なんだかお洒落。 中へ入れば、黒を基調と…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ブラッスリー ラ・ムジカ

目白に嬉しいレストランを発見! 今年2008年の4月からオ-プンしたフランス郷土料理のお店。 「ブラッスリー ラ・ムジカ」 青い扉の向こうには、南仏を思わせるタイルや真鍮を使った空間が広がっていた。 長いカウンター席も魅力だが、今日は明るい窓際の席に座った。 ランチは、前菜1品、メイン1品、それ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

渋谷のポルタポルテーゼ

「食べるな」と言われても、食べたくなってしまうレストランが渋谷の裏通りにある。 公園通りからちょっと路地に入ったビルの2階にある、イタリアンのお店。 その名も、「タベルナ ポルタポルテーゼ」。 直訳すると、「大衆食堂 蚤の市」となる。 気取っちゃあ、いられませんよ。 いつもはパスタランチにするが、今日はリゾット…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

目白の吉祥庵

目白通りをぶらぶら歩いていると、雰囲気のある蕎麦屋を見つけた。 吉祥庵さん。 間口の狭い入り口から階段を上ると 暖簾が見えた。 店に入れば、蕎麦のいい香りがする。 店内にある石臼でゆっくりゆっくり、蕎麦が挽かれていた。 ランチタイムに、リーズナブルな丼セットを注文してみた。 「天丼」「親子丼」「カレ…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

“ DEMI ”のオムライス

デパートで買い物をしていたら、なんだかお腹が空いてきた。 もうガソリン切れ。 私がウルトラマンなら、胸のランプが赤く点滅し始めたところ。 渋谷・東急本店8階のレストラン街へ直行する。 「レストラン デミ」はエレベーターを降りてすぐの所にあった。 伊豆ワイナリーのワインが棚一面に並んでいた。 まだ12時…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

恵比寿のドラゴン飯店 

気の置けない仲間と、おいしい時を過ごしたい。 恵比寿の中華料理店「ドラゴン飯店」に出掛けた。 数か月前に行った時からリニューアルして、店内の雰囲気が黒から白に変わっている。 先ずは生ビールで乾杯し、おつまみセット(1,800円)を注文した。 小菜前菜9品が次々とテーブルに並べられた。 どの皿も味…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

沖縄料理 む鉄砲

身体が、ヘルシーな食事を望んでいる時がある。 そんな時は沖縄料理店へGO! 東京は渋谷で40年、沖縄料理の「む鉄砲」さんは、気取らずに入れるお店だ。 開店の11時30分に一番乗り。 だって、12時を回るとすぐに、ヘルシーな沖縄料理を求めるお客でいっぱいになってしまうのですもの。 メニューは定食で、オカラ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

大丸東京のZEN采蝶軒

以前から気になっていた、ロンドン発香港スイーツ。 大丸東京の6階にある「ZEN采蝶軒」(ぜん さいちょうけん)へ足を踏み入れた。 ちょうど昼時だったので、「点心麺セット」(1,491円)にしてみた。 自慢の香港麺と 熱々の五目あげもち、それに 中華ちまきのセットになっていた。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

イタリア街の「ラ・ロッジァ」

ようこそ、イタリア街のリストランテへ。 静岡の友達ピロさんと日比谷でミュージカルを観た後、汐留まで足を伸ばした。 観覧したのが「ミス・サイゴン」だったので、ベトナム料理という手もあったけれど・・・。 以前から気になっていたイタリア街、サンマリーノ汐留1Fの「ラ・ロッジァ」に行ってみた。 シャンパンで乾杯した後は、…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

イタリア街に咲く「MILE FIORE」

東京でイタリアンバールに行きたい時は、汐留へ。 帝国劇場でミュージカルを観た後、新橋駅から徒歩7分のイタリア街にやってきた。 予約したレストランの開店まであと30分。 街をぶらぶらしていると、「生ビール¥100」の文字が目に付いた。 イタリアンカフェバール「MILE FIORE」(ミッレ フィオーレ)。 喉も渇いている…
トラックバック:1
コメント:24

続きを読むread more

目白の蕎麦処 大はし

東京は目白通り、真夏の昼下がり。 何かさっぱりしたものが食べたいと歩いていたところ、喫茶店風店構えのお蕎麦やさんをみつけた。 「むぎとろごはん」の貼り紙にもぐいぐい惹かれ、気がつくと店内へ。 さっそく、むぎとろ付きのせいろを注文。 さっぱりしていて、おいし~い。 蕎麦はオーソドックスな二八蕎麦。 甘味があって…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

グランスタのリゾット専門店

東京駅のグランスタは、明るくておいしい場所。 新幹線ホームへ向かう前に、ちょっと腹ごしらえ。 リゾット専門店「リーゾ カノビエッタ」に入ってみた。 席数15席の小さなお店ながら、本格的なリゾットが食べられる。 お店の人達は、オーダーをイタリア語で話していた。 ぴかぴかに磨き上げられた厨房で、ひとつひとつの鍋に、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

旧御用邸 菊華荘

「反橋の 小さく見ゆる 芙蓉かな」漱石 夏休み、 旧宮ノ下御用邸だった富士屋ホテルの別館「菊華荘」に行ってきた。 1日3組限定の入浴日帰りプランに、母を連れて。 通された部屋の名は落ち着いた個室の「櫻」。 庭の蝉時雨がかすかに聴こえる。 食事の前に、貸切風呂に入る。 箱根七湯のひとつ、…
トラックバック:3
コメント:30

続きを読むread more