テーマ:東京

都路里 大丸東京店

何故だろう? 時々茶そばが食べたくなる。 万延元年、フットボールでなく、宇治でお茶の製造と販売を始めた兄弟がいた。 初代、辻利右衛門と二代目の三好徳次郎の兄弟は頑張った。 それから150年。 祇園辻利の宇治茶は、今、東京でも楽しめる。 辻利の茶寮「都路里」 大丸東京店の暖簾をくぐった。 店内…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

大丸東京のZEN采蝶軒

以前から気になっていた、ロンドン発香港スイーツ。 大丸東京の6階にある「ZEN采蝶軒」(ぜん さいちょうけん)へ足を踏み入れた。 ちょうど昼時だったので、「点心麺セット」(1,491円)にしてみた。 自慢の香港麺と 熱々の五目あげもち、それに 中華ちまきのセットになっていた。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

グランスタのリゾット専門店

東京駅のグランスタは、明るくておいしい場所。 新幹線ホームへ向かう前に、ちょっと腹ごしらえ。 リゾット専門店「リーゾ カノビエッタ」に入ってみた。 席数15席の小さなお店ながら、本格的なリゾットが食べられる。 お店の人達は、オーダーをイタリア語で話していた。 ぴかぴかに磨き上げられた厨房で、ひとつひとつの鍋に、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「精養軒茶房」で京都散策

東京駅周辺でほっとひと息できる場所。 休みの日、丸ビル5階にあるカフェ「精養軒茶房」に入った。 窓際の席をお願いします。 ずんずん奥に進む。 目の前に東京駅の赤レンガを見渡せる。 現在、復原修復工事中。 明治の偉大な建築家・辰野 金吾さんの設計した駅舎を修復しつつ、新たに地下を作り、耐震工事も同時に行…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

二の丸庭園の花菖蒲

入梅後は菖蒲が気になる。 皇居東御苑の二の丸庭園へ出かけた。 東京タワーと、はとバスを横目で見ながら、大手門より入る。 雑木林を抜け、二の丸庭園へ急げ急げ。 竹林を通り過ぎ、緑の小路を抜けたとき 一気に視界が開けた。 池畔に植えられた花菖蒲が競い合うように咲いていた。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

初夏の東御苑

皇居東御苑の果樹の島で、イチハツが咲いていた。 今日も、大手門から入る江戸城。 篤姫もこのお濠を眺めたのだろうか。 二の丸の雑木林に入る前にいつも通る飾電灯は新緑に囲まれていた。 秋には金色に輝いていた雑木林の中に、初夏の今はアヤメの姿があった。 この紫の花、知らん? …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

東御苑の桜色

桜色舞うころ 私はひとり 押さえきれぬ胸に 立ち尽くしてた 若葉色 萌ゆれば 思いあふれて すべてを見失い あなたへ流れた めぐる木々たちだけが ふたりを見ていたの ひとところにはとどまれないと そっと教えながら 枯葉色 染めてく あなたのとなり 移ろいゆく日々が 愛へと変わるの どうか木々たちだけは…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

東御苑の梅

皇居の梅を見にでかけた。 皇居東御苑には、江戸城の石垣に囲まれた梅林がある。 寒さの中で梅が咲いていた。 梅花3きょうだいがにっこり。 香しい梅林の間を酔ったように縫って歩いた。 「諏訪の茶屋」の梅も、天に向かって咲き誇っていた。 観梅に熱心なひよどりと、梅の花のコラボ。何を思…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

大丸東京のイノダコーヒー

憧れのイノダコーヒーが、ついに東京に上陸。 大丸東京さん、やってくれますね。 創業1940年。 生豆を焙煎する本物のコーヒー店として、京都の町の人々や文化人に愛されてきた。 本店は京都・堺町に店を構える。古い町並みにとけ込んだ町家の外観が素敵。 行きたいけれど、すぐには行けない。 だから、大丸東京店で…
トラックバック:5
コメント:16

続きを読むread more