テーマ:

石塀小路から八坂の塔へ

世の中に 恋てふ色は なけれども 深く身に染む ものにぞありける by 和泉 式部 祇園情緒たっぷりの短い散歩道、石塀小路。 高台寺道と下河原町通の間にひっそりとある小道に入った。 ランタンの街灯の立つ石畳の道沿いには、お茶屋さんが軒を連ねる。 この界隈で舞妓さんが歩く姿を想像してみた。 艶やかな南天…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

恋祈願 秋の花園稲荷

上野のお山は秋真っ盛り。 春には花見客でにぎわう桜並木も、今は秋色に染まっていた。 並木沿いでは楓の紅葉も進み、人々が思わず立ち止まる。 「こんなに赤いんじゃ、京都に行かなくてもいいねえ」 「そうだね、ほんとに」 道行く人々の会話が聞こえた。 赤いといえば、こちらの鳥居。 桜並木の途中、静かに佇む。…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

椿山荘の紅葉

秋深し。 明治の政治家・山縣有朋の庭、東京目白にある椿山荘を歩いた。 目白台地の傾斜を利用した名園へと入ってゆく。 秋山の 樹の下隠り(このしたがくり) ゆく水の われこそ益(ま)さめ 御思(おもはす)よりは   鏡女王(かがみのおおきみ)  万葉集より 秋山の樹木の…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

代々木公園の紅葉

木枯らしの吹く昼休み、職場を飛び出し、近くの公園へ。 代々木の森の空はいつも高い。 バラ園の前を通り、 カサッカサッ。 落ち葉を踏みしめながら、森の中へと入ってゆく。 見上げれば、黄金色の葉が空を舞っていた。 大きな黒い手で、秋の葉を鷲掴み。 楓も梢で染まり出していた。 …
トラックバック:1
コメント:30

続きを読むread more

日比谷公園 秋の虹

東京にも、天から秋が降ってきた。 ボク、ちっちゃな秋を拾ったよ。 秋晴れの日比谷公園へ出掛けた。 第一花壇ではバラが咲き、 ハナミズキの林では 木陰にツワブキが咲き乱れていた。 鶴の噴水池の周りでは楓が色づき始め、 松本楼の隣りで、首かけ銀杏が辺り一面を黄金に染めてい…
トラックバック:3
コメント:30

続きを読むread more

飛鳥山公園で小さい秋

秋を探しに、北区の飛鳥山公園へ。 飛鳥山と言ったら、八代将軍吉宗の時代から、江戸の桜の名所だった。 今の季節は、花壇でベゴニアが花盛り。 公園北のケーブルカー到着地点近くで。 小さな秋を探して、のんびり歩きだした。 誰もいない旧渋沢庭園。 ここは、実業家・渋沢栄一が明治12年から亡…
トラックバック:1
コメント:22

続きを読むread more

代々木公園の秋バラ

バラよ、バラ。 高らかに歌い、優雅に頬笑み、くるくると楽しげに踊るバラよ。 朝の澄んだ空気の中で。 代々木公園で、秋のバラが咲き出した。 汝の名は「ナディア」。 そこですかさず、「コマネチ!」と言わないで。 月世界の人「かぐや姫」は、月光色に輝く。 隣りでは「丹頂」が舞っている。 …
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

旧古河庭園の秋バラ

秋のバラが咲き始めた。 駒込の旧古河庭園へ、日曜日に出掛けた。 マリーゴールドが華やかにお出迎え。 今年の秋バラフェスティバルは17日の土曜日から始まった。 「琴音」とともに、芳しいバラの香りに包まれる。 「メリナ」の真っ赤な情熱は誰に捧げられるのだろう。 庭園のシンボル、ジョ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

西山の秋明菊巡り

秋晴れの日、京都西山に咲く秋明菊を訪ね歩いた。 まず初めは、「遊龍の松」で有名な善峯寺へ。 薬師堂前の蓮華寿院庭は夢世界に通じているかのような静けさだった。 石段近くで咲き乱れる一重のピンクも愛らしい。 今特別公開中の本坊庭園は、平安神宮や円山公園の作庭で知られる7代目小川治兵衛の手になる回遊式庭…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

嵐山 正覚寺の紫式部

嵯峨小倉山の麓に、訪ね来る人を優しく迎えてくれる場所がある。 トロッコ嵐山駅から徒歩5分の正覚寺さん。 門前で紫式部の枝が風に揺れ、秋の深まりを告げていた。 駅から5分とはいうものの、辿り着くまで少々迷った。 近所に住むらしいお婆さんに道を尋ねても、 「正覚寺さん?知らんなあ」と、首…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

嵐山散策 天龍寺と竹林

青空の下、天龍寺で芙蓉の花が咲いていた。 「私まだ、嵐山の方に行ったことがないの」 病み上がりの友が言った。 嵐山といえば、ここ天龍寺。 飛雲観音の辺りでは、早くも色づいた木があった。 九州と東京から来た私たちを、嵐山の空も歓迎してくれていた。 昼なお暗い竹林の小路に友を連れて行きたかった。 …
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

亀岡の夢コスモス園

春には桜を見に来た京都。 それなら、秋桜も見なくては。 雨の予報は見事にはずれ、気持ちのいい空となった。 丹波亀岡の夢コスモス園に出掛けた。 「あかつき」という品種。 こちらの園では、20品種・800万本のコスモスが植えられている。 「おーい、船が出るぞ~!」 いざ、コスモスの乱れ咲く海原へ…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

初秋の京都 2009

ヤッホー! ヤッホー、京都の町。 前に見えるは、比叡山。 秋本番前の京を偵察に、新幹線に飛び乗れば、 半年ぶりの京都もまた、私を優しく出迎えてくれた。 西山のモミジが少し色づき始め、 秋明菊も咲いていた。 江戸っ子よしりん、2009年初秋の京都を旅してきました。 (撮影10月4日) …
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

向島百花園 秋の装い

ウメモドキの実が赤く色づく頃、下町の花園は秋を装い始める。 向島百花園には、季節を感じたい人々が大勢訪れていた。 今年もノアザミの花が咲いていた。 蝶の散歩の後をついてゆく。 モミジアオイの葉は黄衣をまとい始め、秋色のおしゃれに余念がない。 夕方の酔芙蓉は、早くもピンク色に頬を染めて、ほろ酔い気…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

向島百花園 萩まつり

今年もトンネルの萩が、私を呼んでいた。 下町の花園、向島百花園では、すでに「萩まつり」が始まっていた。 何となく気分が沈みがちな日だった。 俯きながら、中へ入った。 いらっしゃい。 梅もどきが手招きしていた。 池のそばの萩が優しく秋風に揺れて。 桑の茶屋跡辺りでは、メイゲツソウのライ…
トラックバック:4
コメント:26

続きを読むread more

善福寺公園 猫の夢

朝な夕なに色変化する酔芙蓉の花が咲いていた。 薄紅色に染まる前の初々しい白もいい。 女心と秋の空に、酔芙蓉も加えましょうか。 荻窪在住・しのちゃんのご案内で、善福寺公園を初めて訪れた。 かつては、武蔵野三大湧水池の一つだった善福寺池を中心とした、池の公園だ。 上の池と下の池に分かれている。 こちらは、…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

皇居外苑の彼岸花

今日は、いい天気になったね、おばあちゃん。 そうだね、本当に。 どこか、木陰にでも座ろうか。 その後、おじいちゃんの具合はどう? それがね、このところ、もうお前の知っているおじいさんじゃないんだよ。 時々遠くを見てね、「ご飯はまだか」って、日に何回も聞いてさ。 病気の方も手術はもう無理なんだっ…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

日比谷公園の彼岸花

お彼岸の頃、此岸に咲く天上の花。 今日の皇居前広場は日本晴れだった。 日比谷濠を越えて、祝田門から日比谷公園に入った。 真紅の花が見えた。 思いがけず、三笠山に咲く彼岸花の群落だった。 太陽の光を浴びて、赤が燦然と輝く。 黒い蝶がどこからともなくやって来て、止まった。 あ…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

初秋の目白庭園いいかも

初秋の日曜日、秋を探しに 豊島区の目白庭園へと出掛けた。 空は快晴、散歩日和だ。 たまにはみんなで池を出て、庭をぐるっと一周してみますか。 おや、これはシモツケの花。 初夏の頃から頑張って咲いているね。 紅葉も楽しみ♪ 早く実がなれ、くちなしの花。 栗きんとんが食べたいな。 …
トラックバック:1
コメント:24

続きを読むread more

角川庭園 幻戯山房

富士近き 街に目覚めぬ 百日紅  角川源義 夏の荻窪散歩で、しのちゃんが連れて行ってくれた次なる場所は、駅から10数分の住宅街の奥だった。 「ほら、よしりん、あれ見て」と、しのちゃん。 何だろう?あの大きな実をつけているのは。 芭蕉の木だった。 しのちゃんが教えてくれた。 俳人・松尾芭蕉にちなんで、植…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

浜離宮のキバナコスモス

咲き乱れる、沢山の花の中から その1輪と出逢う。 今、浜離宮ではお花畑の一面に、 キバナコスモスが咲き、見頃を迎えている。 花畑の秋の主役「サンセット」は、情熱的な赤。 今年は「サニーイエロー」という品種も植えてあった。 「サニー♪」 亡き兄の思い出を歌ったボビー・ヘブの名曲…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

両大師堂の百日紅

真夏はすっきりと潔い。 ぼけ封じには、持って来いの空だった。 暑さでやる気を失いつつある自分にカツを入れるため 上野は輪王寺の両大師堂へ出掛けた。 本堂前には大賀蓮が植わっている。 どうせ仕事をするなら、楽しくやりたい。 それには一体どうすればいいのだろう? 最近読んだクリエイティブ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

森林公園のボーダー花壇

心の奥底で怒りの炎がめらめらと、人知れず燃えていた。 消火のため、初夏の森林公園を訪れた。 平日の開園直後、 園内のサイクリングロードに人影は全くない。 さあ、出発だ。 心の中の火が、再び燃え盛った。 まあ、落ち着いて行きなさいよ。 渓流広場の紫陽花たちに言われた。 そうそう、そんな…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

森林公園のやまゆり

百合の王様「やまゆり」を求めて、森に出掛けた。 トンネルを抜けると、そこは 緑のトンネルだった。 里山の自然が残る埼玉の森林公園には、1万株ののやまゆりが自生しているという。 菅傘のお兄さん、やまゆりはどこですかい? 自転車を止めて、きのこに聞いてみる。 ここには咲いていないよ。 竹藪の先の…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

白山神社のあじさい

色変化のあじさいは、人の心模様をも映し出すかのようだ。 東京23区内では最大の名所、あじさいの白山神社(はくさんじんじゃ)を訪れた。 その昔は、徳川将軍家御殿の屋敷神として、 また、庶民の歯痛止めの神として賑わった。 神社の境内から、隣接する白山公園にかけて、3,000株のあじさいが咲き誇る。 …
トラックバック:3
コメント:28

続きを読むread more

堀切菖蒲園の鬼ヶ島

「おじいちゃん、鬼ヶ島って、どんなとこ?お花の沢山咲いたとこ?」 全国の花菖蒲愛好家にも名高い葛飾の堀切菖蒲園に行った。 江戸時代から「菖蒲なら堀切」と語り継がれた庭園には 毎年6月、希少な品種も含めた花菖蒲200種6000株が咲き揃う。 紫陽花も彩りを添えていた。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

哲学堂公園

この世とあの世の境目は、一体どこにあるのだろうか? 哲学をかじっていた学生の頃、一人で哲学堂公園に来たことがある。 東京・中野区にあるこの公園は、東洋大学創立者の井上圓了博士によって造られた。 明治39年に、精神修養の場として開設される。 入口の哲理門(てつりもん)、またの名を妖怪門。 元々、この地には…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

明治神宮にダース・ベイダーの母

明治神宮にダース・ベイダーのお母さんがいた。 神宮の森には、13万本の樹木が植わっている。 ここは、マイナスイオンの宝庫だ。 1世紀を経た森の中に経つ社殿は、1958年の建造。 今、日本水石協会主催の盆栽展が、その社殿廻廊で開催されている。 毅然と生きている盆栽と対峙する。 何故か、幹…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

明治神宮の花菖蒲

花菖蒲に、雨はよく似合う。 明治神宮の御苑へ、今年も花菖蒲を見に出掛けた。 鬱蒼とした御苑の森の中にある菖蒲田。 この日、開花した花菖蒲は、1,806輪だった。 雨がぽつぽつと降り始めていた。 花菖蒲が色とりどりに妍を競う様は、日常とは別天地の眺めだった。 満開になれば、さながら地上の…
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

人生のターニングポイント

人には誰しも、人生のターニングポイントがある。 「来適」 いらっしゃい! 来る者は拒まず。 去る者は追わず。 星の数ほどいる人間たちが、世の中でうごめいている。 そんな中で、奇跡のような出会いが、必ずある。 すっくと前を見て生きていれば・・・。 ブーゲンビリアと盆栽鉢のコラ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more